「個人情報保護法」各種規程サンプル集
 
 「個人情報保護法」が4月1日から全面施行されることに伴い、事業の用に供する電子ファイル又は紙ファイル等のデーターベースを構成する個人情報によって、識別される特定の個人の数の合計が、過去6ヶ月間のいずれかの日において、5000人を超えている事業者は、個人情報取扱事業者となります。
 個人情報取扱事業者は「個人情報保護法」の定めにより、個人情報漏えい事故などが起こらないように、4月1日以降、次のような規程を作成し、それに則り、適切に情報を管理することが必要です。
 このサンプル集は、個人情報保護法の施行に伴い、整備事業者向けに作成された内容となっていますが、規程の作成に際しては、内容をよく確認の上、このサンプルを参考に貴社の実情にあった規程を作成し、個人情報の適切な管理に取り組んでいただきますようお願いします。 
   
 
各種規程サンプルの使用方法規程
 
 使用する際は、必要な規程をダウンロードし、貴社の内容に即して語句を変更、追加して下さい。
 規程はPDF及びワード又はエクセルの形式で作成していますので必要な形式をご活用下さい。
 
 
掲載しているサンプル内容
 
※1〜3までの規程は、個人情報取扱事業者の場合最低限必要なものとなります。4〜15は必要に応じて準備してください。
 
 1 個人情報保護法に関する基本方針
     (プライバシーポリシー)
 
 
 2 個人情報取扱規程  
 
 3 個人情報保護教育規程  
 
 4 監査規程  
 
 5 個人情報の外部委託に関する合意書  
 
 6 就業規則  
 
 7 入社時における誓約書  
 
 8 退職時における念書  
 
 9 保有個人データ開示請求書  
 
 10 保有個人データ開示請求に応じる書面  
 
 11 保有個人データ訂正等請求書  
 
 12 保有個人データの訂正等の請求に回答する書面  
 
 13 個人データ管理台帳  
 
 14 残債一括支払代金照会依頼書  
 
 15 お客様への配布書面
     (個人情報取得の際の配布用)