自動車整備振興会とは
一般社団法人鳥取県自動車整備振興会(以下「振興会」という)
は、鳥取県内で自動車分解整備事業を営む事業場を主な会員
として設立された、法律(民法第34条及び道路運送車両法第95
条)に基づく公益法人です。
自動車の整備に関する設備の改善や技術の向上を促進し、自動
車の整備事業の業務の適正な運営を確保するために設立された
もので、安全で快適な”くるま社会”の実現に寄与することを
目的として、多岐にわたる事業を行っています。

振興会の概要
名 称 一般社団法人鳥取県自動車整備振興会
代表者 吹野 正和 (会長)
所在地 鳥取県鳥取市丸山町233番地

地図は写真をクリック
電 話 0857−23−3271
FAX 0857−24−5833
設立年月日 昭和27年1月24日
会員数 482(正会員:480、賛助会員:2)
役員数 理事:19名、監事:3名
     
  自動車登録番号標の交付手数料<手数料額と積算根拠>について 
  整備主任者研修事業に係わる検査料等支出明細書
  整備主任者研修事業に係わる積算根拠

振興会の運営組織
総会のほかに理事会、理事会の基に常設の委員会として、総務、
事業運営、金融審査の三委員会を設置しています。

振興会の活動
●自動車整備業界の健全化に関すること
自動車の整備事業に対する社会の理解と信頼を高め、業界の
社会的地位の向上を図るとともに、事業運営の健全化を図る
ため整備取引に関する改善指導や自動車の不正改造の防止に
係わる諸活動を行っています。
●自動車使用者に関すること
自動車の点検整備等について自動車使用者の意識の啓発を図
り、自動車の安全確保、事故防止及び公害防止に努めるため
に、「マイカー点検教室」等を開催し、その普及促進に努め
ています。
また、自動車使用者からの自動車の整備等に関する相談・
苦情に応じるため相談窓口を設けています。
●自動車整備士の養成、整備技術の向上に関すること
自動車整備士を養成するために、国土交通大臣より二種養成
施設の指定を受け、また鳥取県知事より「認定職業訓練校」
の認可を受け、整備技術講習を実施しています。
また、自動車の技術革新に対応した整備技術の向上を図るた
め、自動車整備主任者等に対して研修会を実施したり、技術
相談窓口を設け新しい技術に関する相談等に応じています。
●その他












自動車に取付けられるナンバープレートの交付・頒布を
行っています。また、希望番号予約センターを開設して
います。

自動車の検査・登録の際に必要な手数料印紙(自動車
検査登録印紙、自動車審査証紙)、自動車重量税印紙
の売り捌き業務を行っています。

自動車の検査及び登録申請をする際に使用する各種申請
書用紙等の販売を行っています。

鳥取県自動車整備商工組合と連携して、作業服、オイル、
整備書籍等の販売を行っています。

振興会の組織構成
県下を3つのエリアに分けて、それぞれ支部を設置するとともに、
整備技術教育の充実を目指して教育センターを設置しています。
東部支部 所在地 鳥取市丸山町233番地
電 話 0857−23−3271
中部支部 所在地 東伯郡北栄町弓原334番地
地図はここをクリック
電 話 0858−36−6005
FAX 0858−36−3532
西部支部 所在地 米子市東福原6丁目7番6号
地図はここをクリック
電 話 0859−33−9123
FAX 0859−33−9125
教育センター 所在地 鳥取市丸山町248番地8号